向き不向きがある

頭を抱えうずくまる男性

体毛が濃くなる

ミノキシジルは育毛を促進させることができるので、薄毛や抜け毛で悩んできた人にとってはかなり嬉しい成分と言えるでしょう。しかし、ミノキシジルは髪の毛を生やす効果があるだけでなく体毛を濃くさせる副作用もあると言われています。元々体毛が濃い人の場合は更に濃くなってしまうので、それが新たなコンプレックスとなる可能性もあります。高血圧患者の為に開発された成分であるうえ、ミノキシジルを利用することによって拡張される血管は頭皮のみならず腕や足の血管も同様です。もし女性が利用した場合は、常に足や腕の除毛処理をしなければならない状態になってしまうので、極力ミノキシジルを利用しない育毛剤や育毛シャンプーを利用するのが良いでしょう。このように副作用として体毛が濃くなるという現象は男女問わず起こることなので、体毛が濃くなるのは避けたいという人は極力違う成分で代用することが肝心です。

動悸に注意

育毛を促進させる成分であるミノキシジルは、タブレットなどの薬で利用する場合は特に注意が必要となっています。内服薬と外服薬に分けられますが、内服薬でミノキシジルを摂り入れる場合、副作用として動悸が発生してしまう可能性も高いです。元々心臓が弱い人やこれまで身体の手術をした経験がある人などは、ミノキシジルを服用しだすことによって血流にトラブルが発生してしまう可能性があります。どうしても利用したいという人は、まずはかかりつけ医や専門医に相談した上で服用をスタートするのが良いでしょう。実際に使っている人の中には、副作用で時々動悸が発生するという人もいるので、身体の健康に自信が無い人は避けておくのが良いでしょう。育毛グッズや育毛専門サロンなどを上手く活用しながら改善する方法を選ぶのも、安全な育毛治療をする為のポイントです。